■E.S.F規制条件


○小銃・機関けん銃に関するルール・制限
☆弾速制限は下記のレギュレーション表を参照にしてください。

☆BB弾の重さは0.25gまで使用可とします。

☆ゲームで使用するエアガンは弾速測定を行います。規定を越えた場合は使用できません。というかむしろ銃刀法違反で逮捕されます。

☆インドアフィールドにおいては、近接戦闘での安全管理徹底のため、エアガンのパワーアップは禁止とし、ノーマルのエアガンのみ参加可能とします。

☆レーザーサイトの使用は失明の危険性がありますので使用不可となっております。

○ゲームルール
☆ゲーム開始の合図は笛(ホイッスル)で行ないます。Aチームが1回吹き、Bチームが2回吹き、Aチームが3回吹き終わった時点でゲームを開始

☆どちらかのチームが相手チームのメンバーを全員ヒットするか、フラッグタッチを成功した時点、又は制限時間になった時点で『ゲーム終了』です。

☆ゲーム中、フィールド内に一般の方が進入してしまった場合には、『ストップ!』と大声で叫び、理由を知らせてください。その場合、全員その場所で待機します。弾の補充や移動をしてはいけません。安全が確認されたら『スタート!』と叫んでゲーム再開となります。

☆弾が体や装備に当たる事を「ヒット」といいます。ヒットの条件は、『体または装備、エアガンに弾が当たった場合』です。味方による誤射もヒットです。ヒットした人は「ヒット!」と大声で叫んでください。同時に両手を上げる等の非交戦姿勢をとって下さい。その後、速やかにセーフティゾーンへ移動してください。

☆ゲーム中は、絶対にゴーグルを外さないで下さい。ゲームが終了した後もセーフティゾーンに戻るまではゴーグルを装着しておいて下さい。

☆ゾンビ等不正行為の疑いがある場合には、決してその場で本人同士で解決しようとせずに、必ずチームリーダーに報告して下さい。

Regulation

単位:J(ジュール)

☆エアガンは銃刀法によりその発射速度に規制がかかっております。0.989Jを超える発射速度を持ったエアガンを所持しているだけで
1年以下の懲役、又は30万円以下の罰金刑に処されますので十分ご注意下さい。実際の使用にあたっては、その日、その場所の気候等
により毎回計測値に若干の誤差が生じますので、0.989Jギリギリに調整してカスタムすることは避けていただけますようお願い致します。

エアガンの種類 最大初速
備考
けん銃 0.989J エアタンク、ガスボンベから直結は禁止。
小銃 0.989J
エアガンの種類 最大初速
備考
けん銃 0.989J エアタンク、ガスボンベから直結は禁止。
小銃 0.989J
*ただしインドアフィールドにおいては銃のパワーアップは禁止。ノーマルのエアガンのみ参加可能(フラッシュライト装着等の外装カスタムは可)