フィールド紹介シリーズNo.2
「DESERT UNION]
http://desert-union.jp/

2回目の今回は「デザートユニオン」を紹介だ。
一般的に森で行うのがほとんどと思われるサバイバルゲームだが、
近年様々なシチュエーションを模したフィールドが増えつつある。
その中でもここは砂漠戦をイメージした非常に珍しいフィールドだ。

フィールド全景。なかなか眺めがいい。
セーフティーゾーンが高台に位置しているのでフィールドを見渡せることができ、観戦していても面白い。
アンブッシュしてもバレバレなので必然的にかなり動くことになる。スポーツ要素の強いフィールドだ。

セーフティーゾーンは3段式。ジュースの自販機もある。
トイレが簡易式なのとシャワーが無いのが残念である。
最近のフィールドはこういった部分が充実しているので、
今後是非とも改善していただきたいところである。

塹壕と橋が!

車両はなぜか外車ばかり。

建物が並んでいるエリア。
制圧にはチームワークが重要となる。

城的なものが!

館的なものも!
裏は2階もある。

目玉はコイツ!戦車的なものだ!!
型式名、M1工(コウ)イブラムスとす。

すげえ!0WDだ!!
温室効果ガスを全く排出しない奇跡の設計である。

「状況開始次第、至急乗車だ!!」

機甲部隊と化す我々。
初の試みである。

定員オーバーじゃないのか??
ハンドルを見る限りHONDAのDNAを引いているらしい・・・。

出撃!!

とりあえず城的なものを落とす!
本物同様に強固な盾となる戦車的なもの。
大いなる安心感である。

城的なものから猛烈な射撃を受ける。
しかしながらその頑強な装甲は6.00mm小銃弾を弾き返す。

城的なものへと横づけし、戦車の上から一気に制圧。
それと同時に1階に潜む敵もなんかひどいことに。
戦車イイ!

第二目標館的なもの!前進!!
しかしこの後、動力担当の「もう押すのダリーし、なおかつ飽きた」という
ぶっちゃけ発言により全員降車。周囲に展開し館的なものへと向かう。

館的なものからの猛烈な攻撃に苦戦する我々。

そこへ友軍のPMCが戦車を投入。一気に進軍する。
やはり物事を途中で投げ出すのはよくないらしい。

キッチリ運動して腹減った!
提供された食事はボリュームのあるうれしい内容。
スポーツ色の濃いサバゲーを楽しみたい方は是非!

つづく