E・S・F、池袋に大きな社会不安を呼ぶ

ある夜の池袋某所、同志・早川二等軍曹の結婚式二次会が行われた。

新郎がすでにこの格好である。

「このたびはご結婚おめでとうございます!!」
なんだこの絵ヅラは・・・。
どんな時の写真なのか説明無しでは判別不能である。


「今日は本当におめでとう!!」
マット大佐と固い握手を交わす新郎。

どうやらみんな武装してきているようだ。
たとえ祝いの席でも油断はしない、ということなのか。
篠田最先任上級曹長にいたってはBBシャワーにガンガン弾を詰めている。
ライスシャワーのかわりにソレをぶちまけるつもりなのか。

マット大佐のスピーチ。酒が入っているせいかいまいち舌がまわっていない。
お祝いの席のスピーチなのに「作戦」、「任務」等の単語が出てくるのはなぜなのだろう・・・。
後ろの金髪モヒカンの司会なんかどうでもよすぎてメールしちゃってる。

直属の上官として篠田最先任上級曹長もスピーチ。
手馴れた感じでスピーチをしているが、脇にはしっかりとハンドガンを吊っている。
危険はどこに潜んでいるかわからない。こんなめでたい席でも気を抜かないとはさすがだ。

もはやためらいなど無い。普通に場に溶け込む俺達。迷彩だけにね・・・。
と、とんちみたいなことを言ってみたりする。
たぶん俺達はバカなんだと思う。

なにはともあれ、無事に二次回終了。
二人ともお幸せに!!

「めんどくさいからこのまま帰ろう!」
え?・・・このままって・・・。

このまま、である。
俺はそんな人を街で見かけたら怖くて目をそらしますよ、遠藤大尉・・・。

おまえら池袋っていう土地柄考えろよ・・・。
駅前の交番の前を通りすぎたが、警官は声をかけてくる様子もない。
どうやら池袋の警官はやる気が無いようだ。こんな人たちには職務質問くらいすべきだ。

ある夜、池袋東口で20数名の戦闘服の集団を見かけた方がいらっしゃいましたら、
大変不愉快な思いをさせて申し訳ありませんでした。
・・・でもなんだかすげえ一体感あったなあ・・・。
同志の門出を祝うとともに、チームの団結力を再認識した夜であった。