その日、我々は大苦戦を強いられていた・・・

厚木付近某所、そこは死臭に満ちていた・・・。
敵スナイパーのあまりに強烈な一撃を食らい(4Jくらい・・・)逝ってしまう者が続出・・・。

また一人・・・。

ヒデエッ!!奴ら人間じゃねえっ!!
憤慨する隊員達。

故郷の両親には、立派な最後だったと伝えるぜ・・・。
タグを回収する手が怒りで震える。

敵のスナイパーやべえよマジで・・・。
どうするよ?

ゲーム中に一人捕虜にしちゃいましょうよ!

それだっ!!

いた!奴だ!!

確保!!
残りのスナイパーはどこだゴルア。
「ファック!GI!!」

よーし、捕虜は徹底的にやっちゃえよー。

イエス・サー!!