北朝鮮不審船調査報告


私マット大佐とマン太郎准尉による船の科学館を調査する。久しぶりの国防総省の仕事だ。


入口を入るとすぐに二式水挺だ。かなりでかい。


おなじみの海兵隊のシンボル。美しい!


ここから北朝鮮工作船調査だ。これが主任務である。


対空機関砲。こんなものまで。P3Cとっても危険です。


海上保安庁の20ミリ機関砲の弾痕。


なんか偽装していたらしい。


こいつが船体の中にいた小船だ。おそらくこいつの大きさが皆の想像している工作船で本体の工作船は大型バスより大きいぞ!


小船を前から。


本船の前も凄い弾痕だ。


本船の横ライン。大きさが解るはず。


これまた凄い弾痕です。


北朝鮮人民共和国の若者の霊を慰めると書いてある。


後の観音扉だ。後で紹介するがドラえもんのように色々な物が入っていた。


観音扉、でかすぎ。


ここからは2階に展示してあるドラえもんのポケットの中身。最初は金日成バッチ。


なぜか日本製の赤飯など。食糧支援は意味がないようだ。


ポケットの中は武器がいっぱい。


まずはご存知RPG。


ロシア製地対空誘導ミサイル。P3Cマジで危なかった。


ロケット砲もあるよん。


いろんなAKがありました。電動良くできてると思わず感心。


こんなAKも。


分隊支援火器も。


雨具一式。


水中スクーターだそうな。ほとんど魚雷じゃねぇか?工作船の調査はここまで。
展示は2月までの予定なので是非見に行って欲しい。E.S.Fでツアーを組むのも良いかも。


我々にはもう一つの任務があった。潜水艦を操艦せよ!!


まん太郎准尉 急速潜航、ダウントリム最大!!アイアイサー!!


ムムム・・・。敵艦のスクリュー音キャッチ。12時方向、ロシア艦ウロダイ級。


まん太郎准尉 最微速浮上!潜望鏡位置へ!アイアイサー!!


敵艦発見!全門注水、ハッチ開け!全門発射!!まではできません。


調査が終わったら隣の東京温泉物語で一風呂浴びてやっぱり生ビール。