装備全般について

ESFの装備は「陸上自衛隊特殊部隊(仮想)」がベースと規定しています。そのため陸上自衛隊の迷彩服が基本の服装となります。
タクティカルベスト等の装備品はOD、または陸自新迷彩推奨。また、初めて参加する方は私服での参加もOKです。
初心者の方で「何を揃えればいいのかわからない」という方にはメンバーがアドバイスいたします。


Air-Gun

レギュレーションさえオーバーしていなければ、使用するエアガンに規定・制限はありません。ただし、構造的な理由によりチームの戦力に貢献できないと判断されたエアガンは使用を禁止する場合もあります。(例:シングルアクションのリボルバーなど、現代戦において通用しないもの)
ゲーム中に使用できる弾数の制限もありません。
ただし、メンバーの実力を上げる目的でゲームごとに使用弾数を制限することもあります。
これについてはその都度リーダーより指示があります。
尚、チームのスタイルから、MP5系(SDシリーズ)を推奨する。


顔面・頭部

ESFでは、ゲームにおいて不利になりがちなスナイパーを優遇するために、
スナイパーライフルを使用する者に限り、銃のパワーレギュレーションを高めに設定しています。
これらの銃の至近距離からの射撃から自身を守るために、メンバー全員が顔面、頭部を完全に覆うように規定しています。
まず、顔面はフルフェイスタイプのゴーグルを使用するか、布を顔に巻くなどして覆って下さい。
また、頭部は帽子をかぶる、バンダナを巻くなどして露出しないようにしてください。日射病を防ぐ効果もあります。


服装

『陸上自衛隊新迷彩』というのが基本規定です。
それ以外の部分に関しては特に規定はありませんが、なるべく肌が露出していない服装をしてください。
フィールドで目立ちにくいというだけでなく、思わぬ怪我の予防にもなります。
また、初参加の方も迷彩服・戦闘服を着なければいけないという事はありませんが、できるだけ目立たなくて汚れてもいい服装をおすすめします。


必ずグローブを装着するようにしてください。フィールドの中では、植物のトゲやガラスの破片などケガの元になる危険な物が散在している場合があります。


できるだけくるぶしまで覆うブーツを履くようにしてください。フィールド内では足をひっかけて転んだり、足をくじいたりすることがあります。
そういった不測の事態で思わぬケガを負うことを防げます。


トランシーバー

ESFではメンバー全員がトランシーバーとヘッドセットを装備しています。
トランシーバーは無線免許の必要無い「特定省電力」の「11ch」のものを使用しています。
ヘッドセットはチーム内に保有するガンスミスにて作成した、各社の製品に対応した特別仕様を採用しております。
初参加の方、入隊して間もない方は装備しなくても結構です。


戦場カメラマン

ESFではデジタルカメラ、または100万画素以上のデジタルカメラを搭載したケータイをお持ちの方は全員戦場カメラマンに就任していただきます。
チームの活動中に撮った写真をサイト運営者にメールで送っていただき、その写真をもとにギャラリー等を作成いたします。
撮影する際はサイト運営の都合上、640×480pixel(VGAサイズ、ケータイではPCサイズと表記されている場合もあります。)での撮影をお願いいたします。